[西国三十三所札所会]
 
ご案内
総持寺 略縁起 先祖供養 ペット供養 ぼけ封じ
総持寺
千手観音様を御本尊としています。皆様の願いを総て持ち備えた仏様のお寺という意味でしょう。
総持寺では観音様の他、薬師如来、地蔵菩薩、不動明王、弘法大師、稲荷大明神、如来荒神など多くの仏様や神様をおまつりしています。

本尊千手観音
千手千眼観世音菩薩と申します。千本の手と千個の眼を持たれ、我々が「観音様」とお呼びするのを待っておられます。
総持寺の観音様は、子育て観音様、厄除け観音様とも呼ばれています。
高野山真言宗
総持寺は、お大師さま(弘法大師)が開かれた高野山を本山としています。
西国22番札所
「観音様は姿を33に変えられ、我々を救われる」と観音経に説かれています。この御経により西国33観音霊場は創設されました。
平安時代の昔より多くの巡礼の方々が参拝されています。貴方も一度巡礼にご参加されてはいかがですか。
摂津西国27番札所
西国33所は近畿地方一円に所在し、江戸時代、一巡するのには大変な時間がかかりました。その為、お参りの便利を考え、摂津国に ミニ西国が出来ました。
摂津四国47番札所
四国八十八所は弘法大師が修行されたお寺を巡拝し、御大師様と二人連れ(同行二人)の信仰を体験します。摂津西国と同じくミニ札所として江戸時代に創設されました。
ぼけ封じ観音6番札所・
近畿十楽観音6番札所
昭和59年、西日本の各寺院が協力し、この霊場を設立しました。 旅に出て、仏様を拝むことにより脳の活性化をはかろうということです。
この札所の内、1番から10番までが近畿地方に所在します。お参り頂く方々の便利を考え、この10ヶ寺を「近畿十楽観音霊場」と御呼びしています。


Copyright (C) 2001 SOJIJI TEMPLE. All rights reserved